miican Project

miican(みかん)アプリの開発ブログです。miicanは、シンプルで使い易く、安全にメッセージ交換が行えるように設計された新しいメッセンジャーアプリです。

開発拠点とデータの所在について

国内でよく利用されているメッセンジャーアプリであっても、開発拠点が海外であったり、データの所在が不明であることが多々あります。

miicanは、アプリとサーバー内で使用しているライブラリーを除いた全てのプログラムを日本国内で開発しています。メッセージ交換を行うためのサーバーは、さくらインターネット株式会社*1が運営している東京都内のデータセンターを利用しています。

アプリから送信されたメッセージは、エンドツーエンド*2で暗号化されるので、miicanのサーバーであったとしても、内容を確認することはできません。

有名なメッセンジャーアプリであっても、暗号化の設定が必要であったり、暗号化できない場合もありますが、miicanでは一切の設定をすることなく、標準で暗号化されるようになっており、安全にメッセージ交換することができます。

配信が済んだと確認が取れたメッセージは、すぐにサーバーから削除されます*3が、何らかの不手際によりメッセージが流出してしまったとしても、AES*4256ビットで暗号化されていますので、安全性を保てます。

 

*1:さくらインターネット株式会社(英: SAKURA internet Inc.)は大阪市北区に本社を置く、ホスティングサーバを中心とするデータセンター事業およびインターネットサービス事業を行う企業である。日本のインターネット黎明期よりホスティングサーバの提供を行っており、日本最大手でもある。(さくらインターネット - Wikipedia

*2:暗号化を使用する利用者のみが鍵を持つことで、サービスの管理者、インターネットサービスプロバイダ、第三者が通信内容を盗聴できないようにする技術である。(エンドツーエンド暗号化 - Wikipedia

*3:メンテナンスや保守などのバックアップデータを除きます。

*4:アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、Rijndael(ラインダール)がAESとして採用された。(Advanced Encryption Standard - Wikipedia

miican(みかん)アプリの紹介

miicanは、シンプルで使い易く、安全にメッセージ交換が行えるように設計された新しいメッセンジャーアプリです。

アプリを使用するにあたって、ユーザー登録などの煩わしい作業を一切排除し、ニックネームさえ用意すればメイン画面まで開けるようにしました。

メッセージ交換にあたっては、全てのメッセージを通信相手ごとに用意されたAES256ビットのキーで暗号化しているので安全性にも配慮されています。

また、この暗号化によって、もしも、サーバーの不手際によってデータ流出があったとしても、メッセージは安全に保護されます。

リリースのお知らせ

本日、2020年2月7日に新しいメッセンジャーアプリ「miican(みかん)」をリリースいたしました。

miicanは、相手に電話番号やメールアドレスを知らせることなく、メッセージ交換(チャット)が行えます。また、ユーザー登録などの面倒な手続きは一切不要で、メンバー名としてニックネームだけ入力すれば、すぐに利用を開始できます。

メッセージ交換をするには、相手に自分の登録キーを登録してもらうか、自分が相手の登録キーを入力するだけなので、プライバシーに配慮した使い方ができます。

アプリには、それ以外の機能は備わっていないため、非常にシンプルな作りになっています。ニュースや天気予報なども一切ありませんので、通信量をいちいち気にする必要もありません。

現在のところAndroid専用となりますが、以下より、ダウンロードくださいませ。

play.google.com